閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年10月30日 北京 塚田裕之

中国:中国自動車工業協会、2020年自動車年間生産・販売台数前年比4%減と予想

 中国自動車工業協会の発表によると、2020年10月21日に西安で開かれた中国自動車産業統計業務会議にて、中国自動車工業協会の副秘書長を務める陳士華氏が、2020年自動車の生産・販売台数は前年比約4%減になるとの予想を紹介した。陳氏によると、中国の自動車産業は予想を超えるスピードでモチベーションを取り戻し、2020年第3四半期までの生産・販売の減少率は7%以下に縮小した。また同氏は、中央政府または現地政府が一連の自動車消費促進策や安定策を公表したことにより、業界企業による積極的な生産活動に影響を与え自動車市場は急速に回復していると述べた。種別では、商用車は自動車排ガス規制の第3段階「国3」標準以下の自動車段階的廃止による影響と、インフラの要因により好調であったこと。ローエンドの乗用車と高級車は、二極化現象が顕著化しているほか、新エネルギー自動車は構造転換及び高度化時期に入っていることから、在庫がわずかに改善していることを指摘した。また、業界収益は順調に回復しているとした。
 今後の自動車市場の動向については、慎重かつ前向きな態度を見せており、2020年の年間自動車生産及び販売台数は4%前後減少が予想されている。2021年は、国の経済成長に牽引され、自動車の生産と販売はわずかに成長するとの予想がある。

ページトップへ