閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年10月30日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:Norilsk Nickel社、2021年はNorilskディビジョンの企業近代化に58bRUB投資へ

 2020年10月14日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社は2021年、Norilskディビジョンのインフラ近代化短期プログラム事業費を約30%増加させる。このために同社は、58bRUB(ロシア・ルーブル)を予算に組み込んだ。
 同予算は、資産、各種ネットワーク、全設備の信頼性向上を目的とする大規模な改修事業に利用し、子会社のNorilsk-Taymyr Energy Company(NTEC)の生産インフラ、ガス供給施設、パイプライン、制御システム、配管ラック、建造物の信頼性向上に充てられる。2022年の当該費用は2021年の予定額の5~6%増しを予定している。
 2020年5月29日、Norilsk市の第3熱併給発電所(NTECが所有)で、ディーゼル燃料タンクが支柱の急激な沈下により損傷し、約21千tの燃料が流出した。連邦自然利用分野監督局(Rosprirodnadzor)は、環境被害額を約148bRUBと算定したが、Norilsk Nickel社は算定方法に同意せず、環境被害額を21.4bRUBと算定している。

ページトップへ