閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト
2020年11月2日 ヨハネスブルグ 原田武

DRコンゴ:Tenke Fungurume銅・コバルト鉱山、7~9月期コバルト生産量を前年並みに回復

 2020年10月28日付けメディアによると、DRコンゴTenke Fungurume銅・コバルト鉱山を操業する中China Molybdenum社は、7~9月期のコバルト生産量が前期比21.2%増であり、一時期落ち込んだ生産も前年並みに戻った(前年同期実績3,997t)。1~9月の9か月のコバルト生産量10,507tは、前年同期比16.7%の減になるが、販売量は15%増の12,794tであった。販売増の要因は、3月の南アロックダウン時の港を避けて、別の輸送や販売ルートの開拓をしたことによると同社スポークスマンは述べた。同社のコバルトの年間生産目標は14~17千tである一方、銅については、1~9月期141,966t(前年同期比8.3%増)、7~9月期50,994t(前年同期比19.6%増)であり、年間生産目標は163~200千tである。

ページトップへ