閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年11月5日 モスクワ 秋月悠也

カザフスタン:KAZ Minerals社、筆頭株主が全株式買収へ

 2020年10月28日付けの地元報道等によると、KAZ Minerals社の筆頭株主のVladimir Kim氏(KAZ Minerals社非業務執行取締役)とOleg Novachuk氏(KAZ Minerals社取締役会長)は、その他の株主に対し1株6.4£で株式を購入する提案を行った(両者は、共同で同社株式の約40%を所有)。買収提案は、Kim氏とNovachuk氏が間接所有しているNova Resources B.V.(Bidco)社(非公開企業、登記地はオランダ)により行われた。
 KAZ Minerals社の発表によると、Bidco社の取締役会とKAZ Minerals社の独立委員会は、KAZ Minerals社の全発行株式(両氏が既に支配している株式を除く)に関するBidco社の株式買付提案の条件について合意に達した。取引条件に従い、KAZ Minerals社の株主は1株につき6.4£を受け取る権利を得る。今回の取引では、KAZ Minerals社の発行済み及び発行予定株式は約3b£と評価されている。
 取引を実行するには、2020年12月または2021年1月に開催予定の株主総会で過半数の承認を得る必要がある。取引が完了した場合、ロンドン及びカザフスタンの証券取引所における上場廃止を予定している。
 カザフスタンの銅・金生産大手KAZ Minerals社は、3つの鉱山と3つの選鉱プラント(カザフスタン東部地域)、Bozymchak銅・金鉱山(キルギス)、Bozshakol(パヴロダル州)及びAktogay(東カザフスタン州)の採鉱選鉱コンビナートで事業を展開している。

ページトップへ