閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
タングステン
2020年11月6日 ジャカルタ 南博志

ベトナム:三菱マテリアル、タングステン製品供給メーカーのMasan High-Tech Materials社へ出資

 2020年10月26日付け三菱マテリアル・ニュースリリース及び地元メディアによると、同社はベトナムMasan High-Tech Materials社(MHT社)の第三者割当増資の引受けについて、同26日に最終契約書を締結したことを発表した。出資額は90mUS$、出資比率は10%になる見通しで、11月までに手続き完了の予定。完了すれば、同社が第2位の主要株主となる。MHT社は旧名Masan Resources社(MSR社)で、2020年6月に独HC Starck社のタングステン事業を買収し、世界有数のタングステン製品供給メーカーとなっていた。MSR社は、中国を除けば世界最大のタングステン鉱山であるThai Nguyen省・Nui Phao鉱山の権益も所有している。
 三菱マテリアルは、この出資によりMHT社との長期的・戦略的な提携関係を構築、タングステンリサイクル共同事業や高品質タングステン粉末製造に関する技術提携等の協業について検討を進めるとともに、超硬工具原料としてのタングステンの安定供給を図るとのこと。

ページトップへ