閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト ニッケル
2020年11月10日 シドニー Whatmore康子

豪:First Quantum社、業績不振のWA州Ravensthorpeニッケル・コバルト鉱山の出資パートナーを募ることを検討か

 2020年11月3日付けの地元メディアによると、加First Quantum Minerals社は、同社が2020年4月に生産を再開したWA州Ravensthorpeニッケル・コバルト鉱山について、出資パートナーを募ることを検討している。Ravensthorpe鉱山は操業再開後の9か月間において79mUS$の損失を計上し、うち11mUS$が2020年7~9月四半期の損失となるなど業績が低迷しており、2020暦年の生産量予測も高圧酸浸出(HPAL)設備で計画外のメンテナンスが必要となったことを背景に、15~17千t/年から13~15千t/年へと下方修正された。一方First Quantum社は、出資パートナーの募集などの戦略的選択肢を考慮する上で、2021年上半期の鉱石生産開始が計画されているShoemaker-Levy鉱体の生産開始が同鉱山のポテンシャルを実証することが有益となるとコメントしている。メディアはRavensthorpe鉱山への出資パートナー候補として、豪Fortescue Metals Group社のAndrew Forrest会長が所有する非上場企業であり、2020年に入って豪Mincor社や豪Panoramic Rersources社などNi企業数社の株式を買収している豪Wyloo Metals社を挙げている。

ページトップへ