閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年11月10日 シドニー Whatmore康子

豪:中国が豪州産銅鉱石・精鉱の輸入を規制するとの報道

 2020年11月3日付けの地元メディアによると、中国政府が豪州産の銅の輸入に規制を設けているとの臆測が中国メディアなどで報じられている。豪中関係が悪化していることを背景に、中国政府は豪州産の大麦や牛肉などを対象に輸入規制を強めた後、石炭も非公式ではあるが輸入を規制しているとされているが、報道によると同政府はこれらの製品や銅鉱石・精鉱を含む少なくとも7品目の購入を中止するよう中国のトレーダーに命じたとされている。一方、WA州DeGrussa銅鉱山で生産する銅精鉱の輸出先を中国に頼る豪Sandfire社は、今回の報道に関し同国の顧客と接触した限りでは中国政府による規制の動きは確認できず、なぜそのように報じられているか把握できていないとしている。また、SA州Prominent Hill銅・金鉱山などで銅を生産する豪OZ Minerals社のAndrew Cole社長は、2020年8月に「中国による豪州産製品の輸入規制が銅にも波及する可能性について注視する。」とした一方で、「中国では石炭が豊富に存在する一方で、銅はそれほど多く存在しないため、海外から輸入する必要がある。従い、中国が銅産業に与える影響についてはそれほど懸念していない。」と述べている。

ページトップへ