閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
プラチナ
2020年11月12日 ロンドン 倉田清香

英:GlobalData社、2020年の世界のプラチナ需要は前年比7.2%減と予測

 2020年10月21日付けのプレスリリースによると、英GlobalData社は、2020年の世界プラチナ需要は新型コロナウイルスにより自動車部門と宝飾品部門からの需要が大幅に低下することから前年比で7.2%減少すると予測した。同社のSenior Mining AnalystのAnkita Awasthi氏は、中国と日本が2大プラチナ消費国であり、両国合わせて世界の需要の35.5%を占めているが、需要はそれぞれ9.2%減、11.8%減になると予測している。また、新型コロナウイルスによって自動車部門からのプラチナ需要は大幅に影響を受けているが、今後数年間でより厳しい排出基準が実装されることで需要は回復すると予測している。同氏は、2020~2024年の間、自動車産業における世界のプラチナ需要の年間平均成長率は3.8%増、中国では9.5%増と予測していると付け加えている。

ページトップへ