閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2020年11月16日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:Prieska銅・亜鉛鉱床の隣接鉱区にて銅・亜鉛鉱床を確認

 2020年11月12日付け豪Orion Minerals社の発表によると、南アPrieska銅・亜鉛プロジェクトの周辺鉱区の一つKielderプロジェクト(Prieskaの選鉱予定地から15km)にて実施したボーリングにより、銅・亜鉛の硫化鉱床を確認した。同鉱区では、70年代にNewmontによるボーリングにて銅・亜鉛鉱化(コア長4.8m、品位:Cu 0.46%、Zn 6.18%、Ag 15g/t)が確認されている。今回のボーリングは、既知鉱床を追認するために過去のボーリング地点の近傍で実施されたものである。掘進長200m以下で着鉱していることから、鉱床は比較的浅所に賦存している。

ページトップへ