閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年11月17日 リマ 栗原健一

ペルー:Minera IRL社と開発金融公社、Ollachea金プロジェクトへの融資巡る係争に関し合意

 2020年11月12日付け地元業界紙によると、Minera IRL社(本社:リマ)は、2017年に開発金融公社(COFIDE)が同社のOllachea金プロジェクト(Puno州)開発資金として予定されていた最大240mUS$の融資を中止したことに端を発する両社の係争が、合意達成により解決したと発表した。
 合意内容は以下のとおりとなっている。
・Minera IRL社はCOFIDEに対し、2015年に受けたつなぎ融資70mUS$と利息31.9mUS$の債務を支払う。
・COFIDEはMinera IRL社に対し、2019年のリマ商工会議所(CCL)仲裁所の裁定に基づき、34.2mUS$の賠償金と利息を支払う。
・Minera IRL社は今後36か月間を期限として、上述の差額分をCOFIDEに支払う。一方、COFIDEはCCL仲裁所に対する不服申し立てを取り下げる。
 本件についてMinera IRL社のBenavides社長は、長年のCOFIDEとの係争解決と関係修復が実現でき、今後はOllachea金プロジェクト資金がよりスムーズに調達できるとの考えを示し、本プロジェクトの開発や建設に向け全力で取り組みたいとコメントした。

ページトップへ