閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
クロム バナジウム
2020年11月17日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:Glencoreがクロム・バナジウム操業における自家発電ソリューションに係る公募を開始

 2020年11月13日付けメディアによると、Glencoreはクロム・バナジウム鉱山操業における自家発電ソリューションの予備資格公募を開始した。「代替グリーン」電力と貯蔵ソリューションを供給することに関心のある企業を募る。発電設備は10~20MWの電力を生産する能力を持ち、1~2MWhの貯蔵能力を持つことを条件としている。今回の公募で、エネルギー資産の資金調達、供給、建設、所有、運用が可能な企業を事前に認定することを目指しており、独立系発電事業者やエンジニアリング、調達、建設管理ソリューションを提供する企業からのオファーを受け入れると述べている。クロム鉱石輸出税について南ア政府が検討を開始し、それに対するトレードオフ対応の一環として、フェロクロム業界は今後36か月間で750MWの自家発電設備を導入するとコミットしている。

ページトップへ