閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年11月19日 シドニー Whatmore康子

豪:WA州環境保護法の修正法案が上院で可決、認可プロセスの合理化などが盛り込まれる

 2020年11月13日付けのメディアによると、WA州の環境保護法「Environmental protection Act 1986(WA)」の修正法案が、WA州議会上院で可決された。WA州Stephen Dawson環境大臣によると、同修正法案は環境影響評価プロセスの合理化、整地による原生植物の除去に関する規制の柔軟化や透明化、廃棄物や騒音、電磁放射線などの排出に関する調査の効率化が盛り込まれているとされている。同大臣はこれに関し、「WA州環境保護委員会(EPA)が大型資源プロジェクトなどに対して行う認可プロセスの時間短縮やコスト削減を実現するほか、EPAの認可プロセスと豪連邦政府の認可プロセスの重複を無くすことを促進し、環境保護や高い環境基準を維持したものとなる。」と述べた。

ページトップへ