閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年12月4日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:Durango州複数鉱山においてCOVID-19集団感染が発生

 2020年11月27日付け地元紙によると、加Great Panther Mining社がDurango州に保有するTopia銀鉱山においてCOVID-19集団感染が発生し、従業員542人中少なくとも214人の陽性が確認され、現時点での感染率は約40%と報じられている。同社は2020年11月16日付で同鉱山の一時操業中止を発表しており、現在自宅待機中の従業員に対し逐次PCR検査を実施している。Durango州労働社会福祉省は、同鉱山における感染予防対策に欠陥が確認されたことからGreat Panther社に対して約500mMXN(メキシコペソ:約250kUS$)の罰金を科す可能性があると発表している。
 地元紙によると、同州ではBacis銀鉱山(墨Grupo Bacis社)、Guanaceví銀鉱山(加Endeavour Silver社)およびSan Dimas金・銀鉱山(加First Majestic Silver社)においても集団感染が確認されているが、各社は操業状況に関して2020年11月27日時点で発表を行っていない。

ページトップへ