閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2020年12月14日 シドニー Whatmore康子

豪:米Austroid社、休山中のWA州Bald Hillリチウム鉱山を取得するプロセスを実施中

 2020年12月7日付けの地元メディアによると、米Austroid Corporation社は、WA州Bald Hillリチウム鉱山を取得するプロセスを豪連邦政府やWA州政府などと進めていることを明らかにした。同社は、同鉱山の取得プロセスが完了すれば速やかに選鉱設備等や建設に60mA$を投じるとし、2021年には同鉱山の生産を再開できるとしている。また同鉱山は、前所有者である豪Alita Resourcesが2019年8月に任意管理手続きを開始した後は休山していた。Austroid社は今回の取得において、Alita社が豪Galaxy Resource社に対する同社の負債返済を目的に、中国Hydrogen Energy社から調達した70mA$の融資を引き受けることに合意したとされている。Austroid社のMike Que社長は、「Bald Hill鉱山は、我が社が米国Nevadaに建設を計画するLi製造工場や、米国の顧客に給鉱を行うという、我が社の統合的なLi供給戦略にとって質の高い資産となる。」と述べた。Austroid社は、Bald Hill鉱山がフル操業となれば、WA州において150人の雇用を創出すると予測している。

ページトップへ