閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト ニッケル
2020年12月14日 シドニー Whatmore康子

ニューカレドニア:Vale、仏政府の要請を受けてGoroニッケル・コバルト鉱山の売却を延期へ

 2020年12月4日付けのメディアによると、伯Valeは、多国籍コンソーシアムが保有する新企業Prony Resources社と進めていたGoroニッケル・コバルト鉱山の売却プロセスを、仏政府の要請に基づき延期することを明らかにした。仏政府は、Prony社によるGoro鉱山の買収に反対を唱える先住民グループとビデオ会議による協議を行ったが、両者は合意に達せず、同グループが首都Noumeaで行っていたデモは10数人の逮捕者や警官の数人が負傷するという暴動にまで発展することになった。この先住民グループは、先住民の首長やニューカレドニア独立派の政治家で結成されており、Goro鉱山で生産されるNi鉱石はニューカレドニアで精錬されるべきであるとして、同鉱山が、以前韓Korea Zinc社と共同で同鉱山の買収提案を行った北部州のSOFINOR社によって買収されることを主張している。

ページトップへ