閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年12月18日 リマ 栗原健一

ペルー:2020年10月鉱産物輸出額、前年と比較して13%増加

 2020年12月14日付け地元業界紙によると、鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)は、2020年10月の鉱産物輸出額は2,757mUS$で、前年比13%増だったと発表した。
 また、このうち銅の輸出額は前年比27%増の1,477mUS$であり、その要因は輸出量(6%増)と銅価格(19.9%増)それぞれの増加にあると説明した。
 一方、金の輸出額は前年比11.3%増の825mUS$だったとし、その要因としては、輸出量は前年比12.5%の減少だったにもかかわらず、金価格が27.1%増加したため、輸出額が増加したと説明した。
 なお2020年1~10月累計の鉱産物輸出総額は、前年比14%減の19,825mUS$だった。

ページトップへ