閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年12月21日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:Oaxaca州San José銀・金鉱山において反鉱業団体による抗議活動が発生

 2020年12月16日付け専門紙によると、加Fortuna Silver社がOaxaca州に保有するSan José銀・金鉱山において鉱山アクセス道の封鎖活動が発生した。抗議団体は、Fortuna Silver社の現地法人であるMinera Cuzcatlán社が2020年7月に提出した環境影響評価を非承認とするよう、環境天然資源省(SEMARNAT)に求めている。背景として、同鉱山の環境影響評価は2009年に承認されていたものの、2017年に鉱山拡張に伴い変更が生じる建造物に係る環境影響許可を新たに申請していた。2020年10月にSEMARNATは承認プロセスの一環として住民協議の実施を決定したが、報道によると、地元自治体外の複数団体が結束し、周辺住民に対し誤った情報を提供することで同評価の承認を阻害している。Minera Cuzcatlán社は、2009年に承認されていた環境影響評価からの変更点は建造物に係る項目のみに限定され、連邦環境保護局(PROFEPA)の協力の下進められてきたものであり、これによる新たな環境影響は想定されていないと主張している。同社は今後、誤った理解を正すべく対話の場を設ける予定であり、これに関与する各機関の協力に期待していると述べた。

ページトップへ