閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年12月22日 北京 塚田裕之

中国:IDC予測、2020年中国の新エネルギー自動車の販売台数116万台

 現地報道によると、市場研究機関IDC社は、中国の新エネルギー自動車市場は政策促進などの影響を受け、今後5年間で力強い成長を迎え、2020年から2025年までの年平均成長率(CAGR)は36.1%に達すると発表した。IDCの予測によると、2020年の中国の新エネルギー自動車の販売台数は約116万台になり、2021~2022年においては、コロナ後の自動車市場の回復や財政補助金支給期間の延長により、新エネルギー自動車の販売台数は大きく伸びるとしている。また、2023年以降は補助金制度の終了に伴い、市場はやや落ち着いた成長基準に戻る見通しとされている。なお、新エネルギー自動車の販売台数は、2025年までに約542万台になる見込みである。製品構成からみると、新エネルギー自動車市場でEV(電気自動車)が占める割合は、2020年の80.3%から2025年の90.9%に引き上がる見込み。IDCは、今後5年間の中国の新エネルギー車市場の力強い成長の原動力は主として、国の政策支援、自動車メーカーの経営方針と投資、駆動用バッテリー技術の高度化、自動運転に向けた共同成長、消費者ニーズへの対応、の5つの側面にあるとしている。

ページトップへ