閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト
2020年12月23日 ヨハネスブルグ 原田武

DRコンゴ:Trafigura社実施のコバルト零細採掘現場のフォーマル化事業を終了

 2020年12月18日付けメディアによると、Trafigura社は、DRコンゴKolwezi市近郊のMutoshi鉱区にて実施していたコバルト零細採掘のフォーマル化・パイロット事業について、12月中に終了するとした。鉱区所有者であるChemaf社とNGO PACTと協力して、2年前に開始した事業であったが、コロナ禍の影響で2020年3月より現場は閉鎖されている。パイロット事業を終えた後、Mutoshi鉱区は、鉱区主のChemaf社が産業鉱山の開発を目指す。また、Trafigura社によると、零細採掘によるコバルトは、同国における規制によって政府所管のコバルト会社であるEGC社を通して販売されることになったことも判断の理由にある。一方で、Trafigura社は先月、EGC社との間で、零細採掘地区からのコバルトのオフテイク契約を締結し、零細採掘のトレーサビリティや透明性確保のためのファイナンスも併せて約束している。

ページトップへ