閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他 ニッケル
2021年1月5日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:Norilsk Nickel社、Nadezhda製錬プラント近代化に90mEUR投資へ

 2020年12月18日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社は、Nadezhda製錬プラント(クラスノヤルスク地方)の2つの溶錬ラインのうちの1つの近代化に90mEURを投資する。
 フィンランド企業Metso Outotec社が同社と契約を締結し、ニッケル自溶炉と排熱回収ボイラーのエンジニアリング及び納入を行う。プラントへの設備搬入は2022年上期を予定している。溶錬ラインの近代化により、生産能力増強、金属損失の低減、メンテナンスの容易化が実現する。
 Nadezhda製錬プラントはNorilsk Nickel社の北極圏支社に属し、Talnakh選鉱プラントのニッケル磁硫鉄鉱精鉱及び金属含有製品、Norilsk選鉱プラントのニッケル精鉱を処理し、ニッケルマットと元素硫黄を生産している。

ページトップへ