閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
パラジウム その他 ニッケル
2021年1月5日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:Norilsk Nickel社のパラジウムファンド、最初のトークンを発行

 2020年12月22日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社が2016年に設立したGlobal Palladium Fund(GPF)は、Traxys社及びUmicore社との契約の一部をデジタル化するための最初のトークンを発行し、全サプライチェーンの効率性・透明性確保を目的とするデジタル取引への移行に向けた重要な第一歩を踏み出したとしている。
 Norilsk Nickel社が、自社金属の原産地のトレースを可能にするデジタル・エコシステムに事業を組み込む戦略的計画を発表したことを受けて、同社の長年の産業パートナーである国際資源企業Traxys社及びUmicore社がプロジェクトに参加した。GPFのトークンは、スイス企業Tokentrust社が運営するデジタル・プラットフォームAtomyzeを利用して発行された。
 トークンの利用による実物資産のデジタル化により、コストが削減され、透明性とアクセシビリティが向上するとされている。このプラットフォームの発行者であるGPFは、Norilsk Nickel社が生産する金属の全ポートフォリオのストックに裏付けられたトークンを発行する。

ページトップへ