閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト
2021年1月12日 ヨハネスブルグ 原田武

ザンビア:Konkola Copper Mines社、仮精算人は引続き解任されないとの判決

 2021年1月7日付けメディアによると、ザンビア裁判所は、同国Konkola Copper Mines(KCM)社について、政府が選任した仮精算人は解任されないとの判決を出した。2020年11月には、ザンビア裁判所は同社の所有者であるVedanta社と国有企業ZCCM-IHの仲裁手続きの間の精算手続きの中断に関する判決を出していたが、その後も、仮精算人の取扱については審議がなされていた。2019年5月に政府が選任した仮精算人にKCM社の経営権が委譲されて以来、Vedanta社と政府との間の法廷闘争が続いているが、今回の判決はVedanta社にとっては不利なものとなった。ザンビア政府は、KCM社についてVedanta社が必要な投資などのライセンス条件を遵守しなかったとし、仮清算人を立て、会社を分割し、資産売却の可能性についても表明してきた。一方のVedanta社は、KCM社によるライセンス条件が違反していることを否定し、ザンビア政府が資産を第三者に売却しようとした場合には争う姿勢を表明している。

ページトップへ