閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2021年1月13日 サンティアゴ 椛島太郎

チリ:原子力委員会はリチウム埋蔵量情報提供を行わない場合、法的措置を取るとAlbemarle社に通知

 メディアが情報公開法により入手した文書によると、チリ原子力エネルギー委員会(Comisión Chilena de Energía Nuclear:CCHEN)は、Albemarle社に対し、同社のリチウム埋蔵量に関するデータ開示計画を5日間以内に提示しない場合、法的措置を取ると通知した。
 2016年、埋蔵量が生産の増加を維持できることを実証することを条件として、同社はCCHENからAtacama塩湖で生産量を増やすための認可を取得した。Albemarle社とCCHEN間の論争は、同社がリチウム埋蔵量の概要を示すレポートを提出した2019年後半に始まった。CCHENは、同社の埋蔵量の算出方法と結論に疑義を表明したが、同社は、米国証券取引委員会(SEC)の規則により禁止されているとして、詳細な情報提供を拒否した。CCHENは、同社の主張を拒否し、「外国の規制や外国の機関の要求は、チリでは強制力がなく、適用できない。」と述べた。2020年9月、Albemarle社は、「CCHENが情報の秘密保持に同意した場合に限り、CCHENの職員が要求した追加情報を事務所にて閲覧できる」と書状にてCCHENに表明していた。

ページトップへ