閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
タングステン タンタル
2021年1月13日 ロンドン 倉田清香

EU:欧州委員会、2021年1月1日から紛争鉱物規制を施行

 メディア情報によると、2021年1月1日付けで、欧州委員会のInternational Trade Departmentは、同日からEUの紛争鉱物規制(Conflict Minerals Regulation)が施行されたと発表した。同規制は金、錫、タングステン及びタンタル(3TG)を対象として、武力紛争への資金提供や強制労働による採掘を排除するために、

  1. EUにおける3TGの輸入業者が、経済協力開発機構(OECD)によって定められた国際的な責任ある調達基準を満たすことを保証すること
  2. 世界及びEUにおける3TGの製錬所及び精製所が、責任ある調達を行っていることを保証すること
  3. 紛争と鉱物の違法採掘の関係性を断ち切ること
  4. 鉱山労働者を含む地域社会の搾取と虐待を止め、地域の発展を支援すること

を目的として掲げている。
 なお、英RAND Europe社は、欧州委員会からの要請に基づき、2020年12月16日付でCAHRAs (Conflict-Affected and High-Risk Areas)リストを発表した。ただし、このリストは網羅的ではなく、四半期ごとに更新されるとしている。

ページトップへ