閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年1月13日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:PT Merdeka Copper Gold Tbkの純利益と売上高が減少

 地元メディアが1月4日に伝えたところによると、インドネシア証券取引所(IDX)上場の金・銅鉱山会社、PT Merdeka Copper Goldの2020年9月中間決算は、売上高の減少により純利益が前年同期比13.6%減少した。
 同社の報告によると、2020年1~9月期の親会社の株主に帰属する純利益は57.19mUS$で、前年同期の66.19mUS$から減少した。2020年第1四半期の営業収益は296.53mUS$で、前年同期の324.29mUS$から減少、売上原価は176.72mUS$で、前年同期の186.3mUS$から減少した。
 同社によると、2020年の金生産量は約150~160千ozと、2019年の220千ozを大幅に下回る見通しであり、第3及び第4半期の金生産高は43千ozで、9か月物の生産高は152千ozだった。

ページトップへ