閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト ニッケル マンガン
2021年1月13日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:2021年は4つの新規製錬所が稼働開始予定

 地元メディアが1月7日に伝えたところによると、インドネシアエネルギー鉱物資源省は、国内で操業する製錬所の数が23に増加すると予測している。Arifin Tasrifエネルギー鉱物資源大臣は記者会見で「2021年には新たに4つの製錬所が稼働する。政府は鉱物資源の付加価値を高めるため、国内の製錬所開発を引き続き推進している。」と述べた。同省のデータによると、現在国内で操業している製錬所は19か所で、ニッケル製錬所13か所、銅製錬所2か所、ボーキサイト製錬所2か所、鉄製錬所1か所、マンガン製錬所1か所である。

ページトップへ