閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年1月19日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:鉱業部門への投資増を目標

 地元メディアが2021年1月12日に伝えたところによると、インドネシアのエネルギー鉱物資源省は、2021年の鉱業部門への投資目標を5.98bUS$とした。同省のRidwan Djamaluddin鉱物・石炭総局長は、投資は石炭、鉱物、製錬所の248社から行われる予定と述べ、鉱業部門への投資を強化するための重要な戦略の1つは、川下の鉱業開発の加速であり、製錬所の開発を注視すると語った。
 2020年の鉱業部門への投資額は3.7bUS$で、通年目標の7.75bUS$の47.75%にとどまった。Muhammad Wafid鉱物・石炭協力局長は、まだ投資資料の収集が終わっていないため一時的な数字と説明した。
 専門家は、2020年の投資額は、新鉱業法の公布を待つ多くの投資家が成り行きを見守ったものであり、また、COVID-19のパンデミックは鉱業部門への投資活動にも影響を及ぼしたとしている。

ページトップへ