閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年1月19日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:2020年の錫の輸出量減少

 地元メディアが2021年1月13日に伝えたところによると、インドネシア貿易省のデータによれば、2020年のインドネシアの精製錫の輸出量は、2019年の67,691tから約2%減少し66,197tであった。輸出額は1.13bUS$で、2019年の1.26bUS$から約10%減少した。また、2020年12月のインドネシアの錫インゴットの平均価格は、11月の平均価格と比較して約6%上昇し19,396US$/tであった。同省のデータによると、2020年の精製錫は、シンガポールに15,904t、インドに8,446t、中国に8,313t、韓国に7,424t、米国に6,356t、オランダに6,123t、日本に5,558tそれぞれ輸出されている。

ページトップへ