閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2021年1月19日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:EU、ニッケル輸出禁止を巡りWTOパネル設置要請

 地元メディアが2021年1月15日に伝えたところによると、EUは1月12日に、世界貿易機関(WTO)に対し、インドネシア政府のニッケル鉱石輸出禁止政策を検討するための委員会を設置するよう要請した。欧州委員会は、ニッケル鉱石に対するインドネシアの輸出禁止と、ニッケル鉱石および鉄鉱石の国内での製錬は、EUの鉄鋼業者にとり違法かつ不公正であると主張している。EU貿易委員会のValdis Dombrovskis氏は声明の中で、「WTO加盟国は原材料の輸出を制限することを許可されておらず、国内生産者に有利な違法な制限を課している。」と述べた。委員会の設置要請は、2020年1月30日からの協議期間に続くもの。
 インドネシア政府は、世界の電気自動車(EV)バッテリーサプライチェーンの主要プレーヤーになることを目指し、EVのバッテリー製造を含むニッケル川下産業の発展を推進しようとしており、2020年からニッケルの輸出を禁止している。Joko大統領は今後5年間、膨大なニッケル埋蔵量を活用するため、国内のニッケル下流産業の発展に焦点を当てると述べている。

ページトップへ