閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニオブ
2021年1月20日 モスクワ 秋月悠也

ウクライナ:金鉱区の初のオンライン競売を実施

 2020年12月24日付けの地元報道等によると、ウクライナ国家地質地下資源局は、2020年12月、金資源を有する鉱区を初めてオンライン競売にかけ、Spys Ukraine社がこれを落札した。
 Zhovti Vodyエリア金鉱区(1,150.44ha)の資源量はP1が16.5t、P2が12t、P3が11tで、金品位は1.22~2.78g/tである。鉱石中には20~50g/tのニオブも含有する。これらのデータは29か所のボーリング探査(総延長7,400m)を基に得られたものである。
 開始価格4,481kUAH(ウクライナ・フリヴニャ)に対し、Spys Ukraine社は5,735kUAH(約1.5mRUB(ロシア・ルーブル))を提示した。Zhovti Vodyエリア(ドニプロペトロウシク州Piatykhatky地区)は、Zhovti Vody市の北8kmに位置する。ライセンス有効期間は5年である。
 Spys Ukraine社は2010年にLviv市で登記され、所有者は2020年7月に同社を買収したトルコ人である。

ページトップへ