閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年1月22日 北京 塚田裕之

その他:2020年11月までの世界新エネ車販売台数40万台を突破

 あるマスコミの統計によると、乗用車の分野について、世界の新エネルギー車(バッテリーのみで駆動する電気自動車(EV)とプラグインハイブリット車(PHEV)のような外部電源を接続可能な車種のみ)が、2020年11月の月間販売台数は41万4,300台に達して初めて40万台を超え、販売台数の新記録を更新した。そのうち中国は19万8千台を上回ったほか、欧州地域は16万6千台、他の地域では5万300台となっている一方で、北米など地域では大きく遅れている。EV Sales Blogのデータによると、2020年11月の世界の新エネルギー車は前年同期比133%増で、過去8年間の最高値となり、市場シェアも5.9%に達しており、過去最新値も更新した。2020年11月までに世界の電気自動車の2/3以上がバッテリー式電気自動車(BEV)で、販売台数は約28万9千台で、前年同期比125%増、市場シェアは約4.1%であった。一方、PHEV販売台数は同155%増の約12万5千台で、市場占有率は約1.8%であった。

ページトップへ