閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ウラン リチウム
2021年2月2日 リマ 栗原健一

ペルー:Plateau Energy社、Macusaniウランプロジェクトにおける追加試錐の見通し

 2021年1月27日付け地元業界紙によると、Plateau Energy社は、Macusaniウランプロジェクト(Puno州)における地質調査やサンプリングにより良好な結果が得られ、既に試錐された鉱床の拡張が見込まれるほか、新たなアノマリーが把握されたとし、今後、試錐によって鉱化を確認する必要があるとの考えを明らかにした。
 具体的には、2020年11~12月にかけて、COVID-19に係る一連の規制を遵守しつつ、地域コミュニティの協力のもと、放射能探査や露頭からのサンプリングなど地表での探鉱活動を完了した結果、既存の7鉱床の拡張に加え、新たな3地区でアノマリーを抽出、Colibri II鉱床の伸展と考えられる地域で試錐ターゲットが特定された。
 また現在までに採取された露頭サンプル82点からは、品位:U 6~377,400ppm(7.5ppm~44.5% U3O8)が確認された旨報告した。
 Macusaniウランプロジェクトは、同社が並行して実施するFalchaniリチウムプロジェクトから北東方25kmに位置している。

ページトップへ