閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
プラチナ コバルト ニッケル
2021年2月3日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:Geotechnology社の2020年生産実績

 2021年1月26日付けの地元報道等によると、Shanuch銅・ニッケル鉱床(カムチャツカ地方)を開発するGeotechnology社の2020年のニッケル生産量は4,657tで、前年(2,546t)比1.8倍増となった。同社は、ニッケルの他、金とプラチナを随伴生産しており、2020年の金生産量は9.7kg、プラチナ生産量は27kgであった。
 Geotechnology社は、Shanuchコバルト・銅・ニッケル硫化鉱床(カムチャツカ地方ブイストリンスキー地区)の開発ライセンスを1997年から所有しており、同鉱床開発は2006年から行われている。同鉱床の鉱石埋蔵量(カテゴリC1+C2)は約170万tで、ニッケル6万4千t、銅1万t、コバルト1,862tを含有する。

ページトップへ