閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年2月3日 モスクワ 秋月悠也

カザフスタン:Kazakhmys社、2020年は銅・金・銀の生産が増加

 2021年1月25日付けの地元報道等によると、Kazakhmys社の2020年の採鉱計画遂行率は100.76%で、採鉱量は2,935万6千tとなった(2019年は3,069万6千t)。同社の選鉱プラントによる2020年の鉱石処理量は3,130万tで、採掘した鉱石の銅平均品位は1.0%であった(計画値は0.94%)。
 2020年の銅カソード生産量は25万8,360tで、計画値を745t上回り、前年(24万5,924t)比1万2,436t増(5.06%増)、金インゴット生産量は5,950kgで、前年(4,428kg)比1,522kg増(34.4%増)、銀インゴット及び粒状銀の生産量は26万2,184kgで、前年(22万3,469kg)比3万8,714kg増(17.32%増)となった。
 2021年の銅生産量(カソード換算)は24万3,800tを予定している。

ページトップへ