閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2021年2月4日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:中Ganfeng Lithium社、Sonoraリチウムプロジェクトの権益拡大へ

 2021年2月2日付け専門紙によると、現在開発段階のSonoraリチウムプロジェクトに関し、中Ganfeng Lithium社が英Bacanora Lithium社と新たな合弁契約を交わし、保有権益を増加させるオプションを行使すると発表した。中国政府の承認およびGanfeng社による21.9m£(約29.9mUS$)の支払いが完了次第、Ganfeng社の保有権益は現在の22.5%から50%へ引き上げられることとなる。同プロジェクトは2023年の生産開始に向け順調な開発状況にあり、資金調達の完了を条件に2021年内に建設作業が開始される予定である。EPCを担当するGanfeng社は最終エンジニアリング設計を進めており、計画通り2021年上半期中に納品することが予定されている。なお、リチウム資源国有化に関する国会審議は今後数か月以内に始まるとみられているが(2020年10月7日付 ニュース・フラッシュ:連邦政府、リチウム資源国有化の判断を急ぐ参照)、専門誌の見解では、同プロジェクトはすでに鉱業権を得ていることから、法改正の影響を受ける可能性は低いと考えられている。

ページトップへ