閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2021年2月8日 シドニー Whatmore康子

豪:BHP傘下のNickel West社、WA州Kwinanaニッケル精錬所において太陽光電力の供給を受ける契約を中Risen Energy社と締結

 2021年2月3日付けの地元メディアによると、BHPの傘下である豪Nickel West社は、同社が操業するWA州Kwinanaニッケル精錬所において、太陽光電力の供給を受ける電力調達契約(Power Purchase Agreement:PPA)を中Risen Energy社と締結したことを明らかにした。Nickel West社は、このPPAに基づき、同精錬所で必要とする電力の50%を、Risen社がWA州で運営する太陽光ファームMerredin Solar Farmから2021年2月1日より10年間に渡って調達することで、同精錬所の電力使用による温室効果ガス(GHG)排出量を、2024年までに2019/20年度レベルから最高50%削減することが可能になるとしている。BHPによると、同社が豪州で再生可能エネルギーによるPPAを締結するのは、同社がQLD州で操業する炭鉱の電力調達においてQLD州政府の運営するCleanCo社と2020年9月にPPAを締結して以来、今回で2度目の例とされている。

ページトップへ