閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類
2021年2月9日 バンクーバー 武市知子

加:Ucore社とInnovation Metals社、希土類分離技術実証プラントの試運転を2021年Q3に開始予定

 Ucore Rare Metals社と子会社のInnovation Metals社は、希土類分離技術「RapidSX」の実証プラントの試運転を2021年Q3に開始する計画であることを発表した。RapidSXは、費用対効果の高い重希土類と軽希土類の両方の希土類元素の分離・精製処理が行えるとともに、リチウムイオン電池用のリチウム、ニッケル、コバルトの精錬にも対応している。
 両社は、包括的かつ独立した技術・経済調査と商業規模の希土類分離施設の設計を、2022年Q1に完了させる予定である。Innovation Metals社の顧客との収入を伴うライセンス契約を通じ、約15か月後にはRapidSXの商業運用が可能になると同社は見込んでいる。尚、RapidSX開発計画から得られたデータは、Ucore社が米AK州南東部で進めている重希土類処理施設のAlaska Strategic Metals Complexの開発にも活用予定である。

ページトップへ