閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年2月10日 バンクーバー 武市知子

加:Trudeau首相、EVや重要鉱物分野において米国との協力関係が前進するとの見解

 カナダと米国は、電気自動車(EV)の製造及びEV用バッテリーやその他のクリーン技術に必要な重要鉱物の供給によって、より緊密な協力関係を構築することが可能であるとして、加Trudeau首相がインタビューでコメントした。またEVバッテリーや太陽光パネルには多くの希土類が必要なことから、同盟国からの供給確保が重要であるとの見解を示している。さらにカナダは鉱物資源が豊富なことから、多くの自動車メーカーがカナダ国内において温室効果ガス排出ゼロ車両のサプライチェーン構築に乗り出しているとし、実際に米General Motors社や米Ford Motor社、欧Stellantis社が同国内でのEV製造計画を発表している。同首相は米バイデン大統領とは気候変動対策の優先順位を共有しており、よりクリーンな経済への転換は両国にとって好機であると強調した。

ページトップへ