閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年2月10日 ヨハネスブルグ 原田武

ザンビア:財務大臣、更なる鉱山の買収や鉱業の国有化を否定

 2021年2月5日付けメディアによると、ザンビア財務大臣Bwaly Ng’andu氏は「これ以上の鉱山会社の買収は考えておらず、産業の国有化の計画もない。」とコメントした。Mopani Copper Mines社の買収やKonkola Copper Mines社の操業を同国政府がコントロールするようになり、2020年12月にはLungu大統領によるスピーチの中で、「国が戦略的にいくつかの鉱山の主要権益を取得する。」との発言をしていることなどから、国有化の波が再び押し寄せるのではないかと鉱業界にて懸念されていた。また、同大臣は「一部では、大統領の発言から、ザンビアが他の鉱山会社について力づくによる国有化を計画していると誤解されたようだが、我々はそのようなビジネスのやり方はしない。」とし、「国は過去の教訓から学んでおり、チリなどの他の国の例にあるように、国は銅鉱業における重要な役割を果たす。」とも語った。

ページトップへ