閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年2月12日 シドニー Whatmore康子

豪:NT準州政府、海底資源の採掘を禁止することを発表

 2021年2月5日付けのメディアによると、NT準州政府は、同準州における海底資源採掘を禁止することを発表した。同政府は、環境上の懸念を理由に2012年3月~2021年3月5日を海底採掘のモラトリアム期間としており、この期間にNT準州環境委員会(EPA)と、同準州の先住民聖地を保護する独立法定機関であるAboriginal Areas Protection Authority(AAPA)に、海底資源採掘が社会や文化、環境、先住民聖地などに及ぼす影響についての調査を行うよう要請していた。EPAはこの要請に関して、2020年10月に海底資源採掘の環境影響や環境マネジメントなどに関する見直し報告書の草案を発表しており、同政府は同草案やAAPAによる報告書などを検討した結果、海底資源採掘が環境や先住民聖地、漁業や観光などの産業に影響を与えることや、これらの影響を効率的かつ適切にマネジメントする方法の情報が限られていることなどを理由に、海底資源採掘を禁止することを決定したと表明している。

ページトップへ