閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類
2021年2月15日 シドニー Whatmore康子

豪:Northern Minerals社、WA州Browns Range重希土類プロジェクトにおいて個別の選鉱施設を建設してフル操業を前倒しとする計画へ

 2021年2月10日付けの地元メディアによると、豪Northern Minerals社は、WA州Browns Range重希土類プロジェクトにおいて、選鉱施設を新たに建設してフル操業を前倒しとする計画を検討していることを明らかにした。同社は現在、同プロジェクトにおいて、選鉱施設と湿式製錬施設の備わるレアアース処理パイロットプラントで試験を実施中だが、同社によると、フル操業が可能となるようプラントを拡張するよりも、別途、選鉱施設を建設する方がリスクが少ないうえ、同プロジェクトにおける重希土類精鉱の生産におけるフル操業を早め、同社の予定する時期よりも2年早い2023年にキャッシュフローを創出するポテンシャルが生じるとされている。同社はこの計画に関し、今後数か月内にFSを完了して役員会が実行の是非を決定するとしているが、同計画が実行に移されキャッシュフローが生じれば、同選鉱施設に湿式製錬施設や下流製品の分離施設を併設するFSを行うことも検討するとしている。また、同社は同プロジェクトにおいて、2021年6月末までに更に全掘進長8,000mの試掘を完了させる予定であるとしている。

ページトップへ