閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2021年2月16日 北京 塚田裕之

中国:天宜リチウム業、AMG社とリチウム精鉱生産拡大及び単独協力契約を締結

 安泰科によれば、2021年1月13日、蘇州天華超浄科学技術株式有限公司傘下の子会社である宜賓市天宜リチウム業科創有限公司(以下「天宜リチウム業」と略称)が、ブラジルAMG社と「リシア輝石精鉱の生産拡大と5年間単独協力契約」を締結した。発表された公告によると、天宜リチウム業は2020年10月30日、AMG社とリシア輝石精鉱に関する長期契約を締結。AMG社は、2021~2023年まで天宜リチウム業に毎年60~90千dmtのリシア輝石精鉱を販売する。同契約では、契約期間の2年間延長が可能となっている。
 AMG社は、ブラジルでリシア輝石精鉱を生産している。今後、天宜リチウム業向けリチウム塩類原料を充分に確保するため、同工場の拡張に意欲があり、生産能力を30~45%を拡大させる目標である。同契約に基づき、AMG社は最低200千dmtのリシア輝石精鉱を新たに追加する必要がある。AMG社は生産能力を拡充後、5年間以内に当該生産量を提供することが可能となる。これら新規増加分については、天宜リチウム業のみ提供することになる。
 現在、天宜リチウム業の「バッテリー用水酸化リチウム(第1期20千t規模)」プロジェクトは既に建設を終え、第2期25千t規模のプロジェクトが現在建設中である。同社はリチウム資源を確保するため、豪州のPilgangoora Operations Pty Ltd社やAMG社とリシア輝石精鉱に関する長期契約を締結。今回、AMG社と「リシア輝石精鉱の生産拡大と5年間単独協力契約」を締結することによって、今後天宜リチウム業のリチウム塩類製品の生産に長期的且つ安定的に優れた原料を提供することができる。

ページトップへ