閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年2月16日 北京 塚田裕之

中国:2020年12月、国内銅カソード生産状況について

 安泰科によると、2020年12月のサンプル企業22社の銅カソード生産は、前年同月比5.96%増の803.9千tで、前月比9.34%増となった(11月の修正後月間生産量は735.2千t)。12月、一部企業では点検作業が実施されたが、銅カソードの生産に対する影響は少なく、また、年間生産目標を達成するため、一部企業では生産を促進させたことが要因となった。
 2020年通年の銅カソード生産量は、8,542.9千tで、前年同月と比べ横ばいであった。第1四半期の国内銅製錬企業の生産は、新型コロナ感染症拡大の影響を受け、一定の低減傾向を見せた。新型コロナ感染状況が沈静化に伴い、国内銅製錬企業も通常生産状態を回復し、国内の銅地金生産は、安定した推移を見せた。
 2021年1月は、点検作業を実施する企業は少なく、また、春節の影響を受け、企業の稼働率は、やや低減する見込み。国内2021年1月の銅カソード生産量は前年同月比で増加するものの、前月比生産量はやや減少する見込み。

※安泰科の調査対象となったサンプル企業22社の累計精製銅生産能力は年間9百万tを超え、国の現在の総生産能力の80%以上を占める。2019年の生産量は国内生産の約95%を占めた。生産規模1百万t以上の企業は4社で、合計年間総生産能力は5,150千t、生産規模300~1,000千t企業は4社で年間総生産能力は2,050千t、生産規模100~300千t企業は14社で年間総生産能力は2,040千tとなっている。

2020年12月サンプル企業の銅カソード生産統計 (単位:万t,%)
企業生産能力規模 12月の生産 前年同月比% 前月比% 1~12月合計 前年同期比%
≧100 51.08 11.05 8.71 530.66 5.75
30≦X<100 13.34 -7.65 10.61 154.49 -15.36
10≦Y<30 15.97 3.55 10.35 169.14 -0.38
合計 80.39 5.96 9.34 854.29 0.02

出典:安泰科

ページトップへ