閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2021年2月17日 シドニー Whatmore康子

豪:Mineral Resources社とAlbemarle社、WA州Wodginaリチウム鉱山における休山を継続へ

 2021年2月11日付けの地元メディアによると、豪Mineral Resources社と米Albemarle社は、両社が40%と60%の権益保有比率で進めるWA州Wodginaリチウム鉱山拡張プロジェクトにおける同鉱山の休山を、2020/21年度上半期の期間も継続することを明らかにした。両社は2019年11月以来、リチウム市場の低迷を背景に同鉱山を休山としているが、Mineral Resources社によると、同社の2020/21年度上半期におけるリシア輝石精鉱の販売価格は平均で459A$/dmtと、前年同期比50%減となったとされている。また、Mineral Resources社は、WA州で同社が中国のリチウム企業大手Ganfeng Lithium(贛鋒リチウム業)社と権益保有比率各50%で操業するMt.Marion Li鉱山において、リシア輝石精鉱の生産量が同上半期に203千dmtと前年同期比8%増となったにも関わらず、EBITDAが前年同期の16mA$からゼロに転落したとしており、この理由については同鉱山のリシア輝石精鉱の販売価格がLi市場の低迷に伴い下落したためであるとしている。

ページトップへ