閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト ニッケル マンガン
2021年2月17日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:Tesla社からEVに関する投資計画提案を受理

 地元メディアが2021年2月6日に伝えたところによると、インドネシア海事投資調整大臣府は、Tesla社の電気自動車(EV)の投資計画に関して提案を受けたと語った。同大臣府のSeptian Hario Seto投資調整・鉱業副局長は、提案をフォローアップするためTesla社との会議を開催し、インドネシア国営鉱業会社PT Aneka Tambang(Antam)とPT Inalumも参加予定であると述べた。また同氏は、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)については、2024年にセルバッテリープラントの建設を開始する予定で、韓国LGについては、インドネシア投資調整庁(BKPM)との覚書に署名している。
 インドネシアは、世界最大のニッケル埋蔵量と銅、コバルト、マンガンなどのEVバッテリー生産のための多くの原材料を保有しており、世界のEVサプライチェーン業界の主要プレーヤーになることを目指している。

ページトップへ