閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
2021年2月18日 ロンドン 遊佐茂雄

英・豪:Rio Tinto、アルミニウムに関する初のサステナビリティー表示を開始

 2021年2月3日付けのプレスリリースによると、Rio Tintoは責任あるアルミニウムの「成分表示」となる「START」を開始すると発表した。アルミニウム業界における透明性とトレーサビリティーについての新基準を設けるとしている。「START」は、消費者が必要な情報を得た上で商品の選択ができるようにすることで持続可能な未来に貢献できるようにし、また環境面、社会面やガバナンス面での資格認定をもとに製品を差別化することを目指すとしている。顧客企業は安全なブロックチェーン技術を用いてデジタル化されたサステナビリティー表示を受け取る。表示は、責任を持ってアルミニウムが生産される操業拠点について10項目の基準(製造過程で排出された炭素量、水の使用量、リサイクル比率、エネルギー源、コミュニティへの投資、安全成績、リーダー層の多様性、ビジネス規範、規制遵守度、透明性)に関する重要な情報を提供する。

ページトップへ