閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年2月18日 ヨハネスブルグ 原田武

DRコンゴ:加Ivanhoe Mines社、Kamoa-Kakula銅鉱床の近隣にて広域探査を開始

 2021年2月12日付け加Ivanhoe Mines社の発表によると、DRコンゴにて現在開発中のKamoa-Kakula銅プロジェクトに近接する探査鉱区Western Foreland地域(約2,550km2)にて、16mUS$の探査プログラムを実施する。Kamoa-Kakulaと同じ高品位銅鉱床をターゲットとしており、エアコアとDDボーリングを組み合わせ、総計40,000mを掘削する計画であり、空中及び地上の物理探査や土壌サンプルのほか、道路造成等も含まれる。現地作業を開始は、乾季の始まる4月からとした。同社Friedland会長は、「探査は当社のDNAであり、Kamoa-Kakulaを発見した地域に近接した将来性に優れた地域で、可能な限り積極的に探査プログラムを展開したいと考えている。」と述べた。

ページトップへ