閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年2月24日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:PT Pertamina、EVのエコシステム構築

 地元メディアが2021年2月17日に伝えたところによると、インドネシアの国営石油会社PT Pertaminaは、電気自動車(EV)のエコシステムの構築を進めている。Nicke社長は、特に販売台数の多い電動バイク向けでEV用バッテリーの成長が期待できると説明している。エコシステム構築の一環として、太陽光発電所からの電力を蓄えるエネルギー貯蔵システムの整備に注力する方針も示した。PT Pertaminaは、East Kalimantan州Badakの製油所に太陽光発電所を設置。Riau州Dumaiの製油所などにも太陽光発電所を建設する計画を示している。
 PT Pertaminaは、国営鉱業持株会社MIND ID、鉱業会社Antam、電力会社PLNとの合弁で、EV用のバッテリー製造会社を設立することが決まっている。Nicke社長によると、合弁会社はバッテリー生産に向けて、採掘、製錬、前駆体生産、カソード生産、バッテリーセル、バッテリーパック、リサイクルの7事業を実施する。採掘などの上流事業はMIND IDとAntamが手掛け、PT Pertaminaは前駆体とカソードの生産、バッテリーセル、バッテリーパックの開発を受け持つ。

ページトップへ