閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類
2021年2月25日 リマ 栗原健一

ペルー:Hochschild Mining社、2021年の活動計画示す

 2021年2月18日付け地元業界紙によると、Hochschild Mining社は、2020年の生産量は、金換算量289,293oz、銀換算量24.9百万ozとなり、COVID-19の影響により前年を下回ったものの、生産回復により、2020年の生産見通しを上回ったことを明らかにした。また、好調な金属市況によりキャッシュフローが増え、積極的な探鉱活動を行ったことで、Corinaプロジェクト(Apurímac州)、San Jose金・銀鉱山(アルゼンチン)、Arcata金・銀鉱山(Arequipa州)における埋蔵量が増加したと報告した。
 一方、2021年の生産見通しは金換算量360~372千oz、銀換算量31~32百万ozである一方、Inmaculada金・銀鉱山(Ayacucho州)には7mUS$を投資し、オアソーティングプラントを導入する計画である方針を示した。また探鉱投資額は、ブラウンフィールドに34mUS$、グリーンフィールドに11mUS$、チリのレアアース案件に14mUS$を予定している旨明らかにした。

ページトップへ