閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
プラチナ
2021年2月26日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:Amplats社、脱炭素化やESGを踏まえた戦略のアップデートを発表

 2021年2月22日付けAnglo American Platinum社(Amplats)のNatascha Viljoen CEOは、同社の戦略のアップデートに言及し、世界的に加速化する脱炭素化の取り組みや金属の需要増を踏まえて、同社のバリューチェーン全体の能力を増強するとともに、ESGを資本配分や働き方の中核に位置づけると述べた。その戦略によって、現在の自山鉱からの3.0百万ozの生産を2030年までに20%増やし3.6百万ozにするとした。また、重点項目として以下の目標を掲げた。

  • 2030年までに自身の操業鉱山を100%の近代化及び機械化する
  • 2025年までに自身の操業鉱山の全てが1次生産コストカーブの前半に入るようにする
  • 2030年までに鉱山部門の利益をEBITDAの35~45%にする
  • 資本利益率(return on capital employed)を最低25%で循環させる
  • 2030年までに各鉱山サイトの外に5つの職種を作る
  • 2030年までに太陽光発電・燃料電池トラックの導入等により30%のCO2削減、2040年までにはScope 1とScope 2におけるカーボンニュートラルを達成する
ページトップへ